Menu

定番である理由

ハート

最も適した金属

日常の中で使われている金属は数多いのに、結婚指輪に使われる金属はほぼ決まってゴールドかプラチナです。そこには昔からの定番だから、というだけではない深い理由が存在します。結婚指輪の素材は、まず希少性のある金属である事が必須です。身近にありふれた素材より、希少価値のある素材のほうが贈り物としてのグレードは高くなります。結婚という特別な場面を彩る結婚指輪には、希少価値の特別高い素材が相応しいです。同時に見た目が美しい金属である事も必要です。いくら希少性があっても見た目のパッとしない指輪なら、身につけたいとは思えないでしょう。毎日指にはめたくなる、そんな美しさが結婚指輪の素材には求められます。またその美しさが長持ちする、というのも忘れてはならない要素です。実用面でもポイントがあり、まず安全性が高い金属である事が条件になります。アクセサリーとして市販されている素材であれば、基本的には安全性は保障されています。それでも金属アレルギーを起こす人がいるくらいですから、何十年と使う結婚指輪の素材は厳選された安全な金属である必要があります。さらに耐久性が高い事も欠かせません。毎日使用するのが特徴の結婚指輪は、ある意味で過酷な環境に四六時中さらされる指輪でもあります。どこかにぶつける、というような直接的なダメージだけでなく、仕事や家事で手を酷使する場面では多かれ少なかれ指輪にも負担がかかります。傷に強い素材であればいつまでも新品のような状態を保てますし、いちいち指輪を外す手間を省けるので、指輪の置忘れなどのトラブルも防止できます。定番のゴールドやプラチナは、これらの基本条件を全て高い水準で備えています。他にもレアメタルなどでは条件を満たす金属も数種類ありますが、文化的な価値や歴史的な価値も加味すれば、ゴールドとプラチナに並べる金属というのは現状存在しないと言えます。

Copyright© 2018 素材にこだわる結婚指輪が人気【アレルギー対策にも】 All Rights Reserved.