Menu

定番を以外の金属

リング

オリジナリティが魅力

世の中で市販されている結婚指輪は殆どがプラチナかゴールドの2種類ですが、オリジナリティを出すためにあえて定番を外した素材を使いたい、というカップルもいると思います。そんなカップルにお勧めな素材の中から、チタン、ジルコニウム、そしてシルバーをピックアップして特徴をまとめてみました。眼鏡のフレームなどに使われるチタンは、非常に安全性が高い金属です。また強度も高く、日常使いでも傷がつきにくい利便性があります。最も特徴的なのは軽さにあり鉄の半分程度の重量で、指輪として利用しているとつけているのを忘れるほどです。指輪の着用感が苦手、という人も安心してつけられます。ジルコニウムは聞き馴染みの薄い金属ですが、ここ数年結婚指輪の素材として注目が高まっています。レアメタルと呼ばれる希少金属の一種で、プラチナやゴールドと同様に耐食性も強いです。非常に硬い金属で、指輪に加工するには相当の技術が必要とされます。一番の特徴は酸化皮膜と呼ばれる金属の表面層部分に、加工を施す事で様々なカラーを発色させることが出来る点です。この被膜はメッキなどに比べて非常に丈夫で、通常の使用ではまず落ちる事がありません。また酸化皮膜は再加工が可能なので、カラーチェンジを楽しむことが出来ます。ファッションリングの素材としてはポピュラーなシルバーは、空気中の硫黄分と反応すると黒く変色する性質があり、結婚指輪にはあまり使われません。その一方でゴールドやプラチナの割金として良く用いられており、純金や純プラチナ以外の殆どの結婚指輪にはシルバーが入っているとも言えます。単体でもメッキ処理によって黒ずみを防止する事ができますし、クリーナーなどを使えば簡単に輝きを取り戻す事ができます。またあえて黒ずみを活かした、マットな印象のリングもあります。リーズナブルな価格で手に入りますし、デザインも個性的な物が多いのも特徴です。

Copyright© 2018 素材にこだわる結婚指輪が人気【アレルギー対策にも】 All Rights Reserved.